引っ越しは体力勝負!荷造りを軽減するためのコツとは?


荷造りは早めに始めよう

引っ越しをするタイミングは個々によっても異なります。急な転勤のときはともかく、自分の都合で引っ越す場合は計画的な引っ越し準備が可能です。新居が決まるまでは引っ越し準備が難しいかもしれませんが、少しでも早く荷造りを始めるようにしたいものです。また、引っ越しは荷物を整理できる絶好の機会になります。今後、使用する予定がないものは思い切って廃棄しましょう。そのためには、自治体のゴミ収集日の確認が欠かせません。状態のよい家財道具などは友人に譲ったり、リサイクルショップを利用したりしてもよいですね。

モノを持たないことも大切

引っ越しの荷造りで大変な思いをしないためには、モノを持たない生活を意識しましょう。ふだんから押入れの中をスッキリさせておくと、余分なモノを買わずに済みます。また、衣類などの収納に収納ボックスを活用することで、引っ越し時の荷造り軽減にも役立つでしょう。タンスの中身はダンボール箱に入れることが多いですが、収納ボックスの場合は中身そのままで運ぶことも可能だからです。収納ボックスなら軽いため、一人で荷物を運びやすいメリットもあります。

引っ越し経験を重ねるとコツが掴める

引っ越しには書類上の手続きが大変ですが、荷造りで体力を消耗することも少なくないでしょう。ストレスなく引っ越しをするためには、荷物を軽減することを考えましょう。これは引っ越しを経験して初めてわかるのかもしれません。また、何度か引っ越しを経験することで、荷造りのコツが掴めてくるでしょう。前述した「収納ボックスの活用」もその一つです。これから引っ越しをする人は、体験者に相談してはいかがでしょうか。

苫小牧の賃貸は一人暮らしにぴったりの1Kから相場3,2万円と格安で借りられます。間取りも1Kから2LDK、戸建てなど多種多様なので、お好きな暮らしが選べます。