狭小住宅の特徴や土地の選び方・メリットとは?


狭小住宅の特徴やメリットについて

狭小住宅とは、一般的に15坪以下の土地に建てられた家のことを言います。単に狭い土地に建てられた家というだけでなく、変形した土地や住宅密集地などに建てられることも少なくはありません。限られた敷地であっても、土地の特性を生かし様々な工夫を凝らせば、広々と暮らすことが可能です。狭小住宅の良さは、なんと言っても土地が狭いため、土地にかかる費用が安くて済むということです。土地代が安くて済む分、場所選びに費用をかけることも可能です。また、建築コストを抑えることもできます。そもそも延べ床面積が小さいため、基礎や土台などにかかる工事費は少なくて済みます。さらに狭小住宅では空間が限られているため、「掃除が楽で助かる」や「家族全員が近くで過ごせる」などのメリットがあると感じている人もいます。

狭小住宅を建てる時の土地の選び方や工夫点は?

狭小住宅と聞くと、その名の通り狭くて暮らしにくそうと感じる人が多いです。しかし、土地の選び方によっては狭さを全く感じず、家で過ごすのが楽しくなるような空間をつくることができます。まず、狭い土地でも広々と感じることができるように、角地を選ぶことをおすすめします。角地は、二つの道路が交わっている場所に面している土地のことです。角地では、光や風を多く取り込むことが可能です。窓からの眺めがよく、光が入り、風の通りがよい環境だと、狭い空間でも十分に解放感を感じることができます。次に、窓の位置や数などもポイントとなります。光を存分に取り込むためには、窓はなるべく高い位置につくる方がよいと考えられます。窓の数や位置を工夫するだけでも、部屋のイメージはガラっと変わります。

狭小住宅とは読んで字のごとく、狭い土地に建てられた小さな住宅のことを指します。地価の高い都会には広い土地を保有することが難しく、そんな土地に様々な工夫を凝らして面積を有効活用した住宅が建てられます。