テラスハウスとは?テラスハウスのメリットとデメリット


テラスハウスとはどのような建物か

テラスハウスとは2階建て、または3階建ての長屋です。一つの土地に複数の同じ建物が作られ、連なっているのが特徴です。マンションやアパートのように住人同士の共有スペースはなく、各住居に玄関扉があります。一見すると一軒家のように見え、中も広々とています。海外では古くから導入されている形態ですが、日本国内ではほとんど普及していません。賃貸物件もありますが、持ち家として所有することも可能です。

テラスハウスのメリット

テラスハウス最大のメリットは、一戸建てのように住めるという点です。住人同士鉢合わせになることもなく、共有スペースもないので生活する上で気を遣う点が少なく済みます。住居スペースが広いので、荷物が多い方でも圧迫感なく暮らせます。広々とした空間が確保できるので、お客様を招きやすいという利点もあります。また、一戸建てに使い住居なので専用の庭があります。このような専用の庭は、洗濯物を干したり自転車置き場として使うなど、利用の幅は広いです。

テラスハウスのデメリット

メリットが多いように見えるテラスハウスですが、しかし一方でデメリットもあります。まず、日本国内ではテラスハウスの数が少なく、選択肢の幅が狭いという点が挙げられます。自分の理想通りの物件を探すのは難しいかもしれません。また、アパートと比べるとテラスハウスの家賃は高めです。このことから、ある程度収入のある方かシェアハウス、配偶者と一緒に住むという条件が付けられます。また、一軒家のように見えるテラスハウスですが、隣の建物とは壁一枚なので、生活音には気を付けなければなりません。

都内等に比べるとかなり安い千歳の賃貸マンションは魅力的です。綺麗で新しい物件も安いので借りる側には大きなメリットです。