賃貸物件はこう選ぶ!収納スペースをチェックしよう!


収納スペースの重要性

一人暮らしや恋人との同棲などでハイツやマンションなどの賃貸物件を探す際には、チェックすべき条件があります。そのひとつが、収納スペースの有無です。

備え付きの収納棚やクローゼット、押し入れなどができるだけ多いほうが、住みやすい物件と言えるでしょう。

収納スペースがない場合、荷物を片付けにくくなります。収納する場所がないため部屋に荷物が増えて、人の居場所が狭くなってしまうのです。ワンルームや部屋数が少ない物件ならば尚更、収納がなければ困ります。

中には収納スペースがなくても、後から収納棚を買えば良いと考える人もいるかもしれません。けれども棚を置けばまた、部屋は狭く感じられるでしょう。

賃貸の狭い物件でも快適に過ごしたいのであれば、不動産の案内の際に収納の数もチェックしたいものですね。

収納があるべき部屋とは?

それでは一体、収納スペースはどこにあるべきなのでしょう。

まず玄関には、備え付きの収納棚が欲しいですね。ただでさえ狭い玄関は、靴や傘などを置かなくてはいけません。シューズクローゼットなどが付いている物件であれば、玄関もすっきりします。

同様に、狭い箇所としてトイレが挙げられますが、トイレにも上部に棚などがあれば便利ですね。

さらに細かい調理道具や食器などを置かなければいけないキッチンにも、収納スペースは必要です。システムキッチンの引き出しも、多ければ多いほど使いやすいです。

洋服が多い人は、ハンガーをかけることができるクローゼットの有無も見ておきましょう。

札幌東区の賃貸は他の地下鉄沿線の賃貸価格より割安です。スーパーなどの利便性もよく、通勤時の地下鉄の混み具合も他の路線ほど混んでいません。畑が多く、地価が安いことが影響しています。