自分に合った別荘地を選んで趣味や森林浴を楽しむ


いい立地の物件が安く売られていたら買ってしまう

1980年代に建てられた日本全国の別荘は、築30年を超えた事などにより、今では中古市場にてかなり安く売りに出されています。築40年を超えたようなものはさらに安く買えますので、もしこれ以上ないような最高の立地の物件が見つかった場合は、思い切って買ってしまうのも手です。古い建物は長く使えませんが、建て替えのお金が貯まるまではもともとの建物を利用し、お金が貯まったら自分達の好み通りのものに建て替えれるという方法もあります。

どんな別荘地を選んだらいいか

どんな別荘地に別荘をもつべきかは、購入者それぞれの趣味趣向によります。例えば、近くの川で魚を釣ってそれを家に持ち帰り、調理をして食べる事を夢見ている人は、どんな環境が良くても川が近くになければなりません。例えば富士山の中腹には多数の別荘地がありますが、頂上付近から麓に向けて流れる川はまったく存在しないため、川がある事を重視するなら別の場所を探す必要があります。また、例えばキノコ狩りを楽しみたい場合、森林内に別荘地があるとしても標高が低すぎるとあまりキノコが生えないため注意が必要です。天体観測が好きな人は、かなり都市空間から離れた別荘地を選ぶ必要があります。利便性を求めて都市付近の別荘地を選んでしまうと街の灯りの影響で敷地内からあまり星が見えず、結局遠くまで天体観測に出かけて行かねばなりません。

森林浴は体に良い事が判明している

高原地帯の各別荘地に住んだ場合に是非取り入れるべきであるのは、なんといっても森林浴です。血圧・脈拍の低下、体内時計調整、免疫力アップなど挙げきれないほど沢山の効果があることが証明されており、国側も生活に取り入れる事を推奨しているほどです。

所有している北杜市 不動産を売却する場合は、地元の不動産会社で長年に渡り、仕事をしてきているところに相談しましょう。