賃貸オフィスを借りる前に知っておきたい様々なこと


賃貸オフィスを扱っている不動産がある

「賃貸オフィス」とは賃貸契約を結び、自社として使うことが出来るオフィスを、確保することをいいます。賃貸オフィスを法人名義で借りるメリットは、個人で契約するよりも信用度が高く、審査が通りやすいといわれています。何より法人契約には、企業としての信頼度が重要となるため、登記簿謄本や会社概要、印鑑証明を求められます。中には損益計算書や、貸借対照表も求められることもあるのです。これらはオフィスの借り方に必要な書類であるといえます。まずはオフィスの賃貸物件を扱っていて、実績が伴っている不動産を探すことが重要です。物件見学では、入居している他の企業や配線の位置に注視してください。中にはビル全体の電力容量と、使用状況により、ビル単位で電力の使用量を制限している場合もあるからです。またネット回線の有無の確認も重要です。

賃貸契約をする前に確認したいチェック項目

賃貸オフィスのメリットには、敷金や火災保険などの費用はかかりますが、初期費用が少なくて済みます。また賃料は経費として帳簿に計上し、処理することが出来ます。またエレベーターの点検や掃除などは、賃貸料金(または別途管理費)として徴収されているので、オーナーや管理会社が行います。デメリットとしては、利用規約に制限があり、例えばオフィス使用時間や、電話回線などに制限があったり、賃貸料金がインフレ時に、契約更新と同時に上がる、というリスクもあります。オフィスを借りるにも、購入するにも、それぞれにメリットとデメリットはつきものです。同時にリスクも考え選択することを、おすすめします。

賃貸オフィス 中央区なら仕事をして行く上ではレベルの高い住所と言えます。名刺交換するときも中央区なら一目置かれることでしょう。